自分を変える

他人軸ってようは自分らしく生きられてないってこと

Pocket

らぷ
らぷ
こんにちは、らぷです^^

人間関係に悩んでいるあなたへ。自分らしく生きていくこと
でもお話したのですが、自分の第一の人生観・価値観は家族・肉親を通して幼少期の経験から作られるという話でした^^

【第一】の人生観・価値観という表現をしたのは、生きていれば人生観・価値観は変わっていくからです。
例えば嗜好品やファッションなども自分の成長とともに変化していったりしますよね^^
社会全体の価値観だって変わります。

他人軸や他人ベースとは?

で、他人軸っていったい何?というところなんですが
結論から言いますと全部

自分の中の幻です

確かに他人軸・他人ベースは幼少期の経験から

  • 人に嫌われたくない
  • 人からの評価が気になる
  • 人の顔色ばかり伺ってしまう

このような感情を抱いて行動をしてしまうこと自体は事実ですが、
自分をこういうふうに扱ってー!っていう一種の自分いじめでもあるんですよ。植えつけられた価値観っていうのを使った。
つまりは、「周りがそうしているのだから、そう教えられたから自分も周りと一緒じゃなければダメ」縛りをしているということです。

自己肯定感が低いことも

自己肯定感というのは、

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉。

とあるように要は自分が好きかということです。
他者に対して、好きとか好意を抱くことはあっても自分に対して好きという感情をわざわざ感じたりはしないかも知れないですが^^;
ただ確実に自己肯定感が高い・低いというのがあって
自己肯定感が高いひとは圧倒的に自分軸で生きているひとが多いです。

他人軸から抜け出す方法は?自分を知るって大事なんです

抜け出すためにはとにかく自分を知ろうとすること!

手前味噌かもしれないですが、あの人は能力があるから価値がある。
でも自分は何も能力がなくて価値が低いから自己犠牲(=他人に合わせる、他人のために生きる)するしかない。
無意識でそう考えて行動している人って結構多いのです。

でもですよ?
価値がある・ないのと自分が生きたいように生きるっていうのは全くの別物だと思いませんか?
赤ちゃん、子供はイチイチ自分の価値なんて考えながら生きていないし
遊びたいから遊ぶ、食べたいから食べる、寝たいから寝る・・・自分がそうしたいからであって、無理強いされるとダダをこねてみたりとか、泣きわめいてみたりとかして拒絶しますよね。めちゃくちゃ正直に(笑)

でもある程度大人になると家庭や学校・社会で得た経験から自制心も出てくるし
どうしても他者と比べてしまうことだってあるわけです。
そして周りより劣っている自分を見てしまって、自己肯定感が低いひとほど「こんな自分でゴメンナサイ」となって認められるために
無理矢理努力したり、自己犠牲して「劣っている自分を受け入れてね?」というやりかただったり、
執拗に自分を認めてくれ!アピールをしてしまったりするんですね。

自分の生き方さえも他者ありきで結び付けてしまうから他人軸からなかなか抜け出せない。

自分がどう生きたいのか。それすらも曖昧だとずっと他者に流されることになるので
まずは

  • 自分ってどんなことが好きなんだっけ?
  • どんな時が一番安心できるんだっけ?

っていう声をとことん聞いてみることです。
逆もまた然りです。嫌なことや、やりたくないこと。
すごく些細な事でも大丈夫。
「毎朝時間通りに起きることが嫌だわー」とか。←これワタシ(笑)

自分軸に戻ってくるということ

毎日人と関わるなかで他人軸に引っ張られることがいっぱいありますが、そろそろ他人に合わせることを頑張るんじゃなくて
自分のことを知っていく練習を頑張ってみてもいいのではないでしょうか?
自分軸に戻るというのは簡単に言いますと、
家にいる時の自分(もっと言うと自分の部屋で過ごしているとき)をイメージしていただくとわかりやすいと思うのですが、
全然無理していないですよね?
例えば家族と団らんしていて、「リラックスできるな。家族大事だな~。」とか「一人の時が楽だわ~」というのも自分の本音ですし
それを考えていくと家の中での自分、外での自分を比較したときに
「あ、自分はこういうところ無理してるかも?」ということが見えてきたりするので(逆に外での方が開放的、なパターンもありますが)
だんだんと自分の中での“差“を埋めていくと自分軸に戻ってくることができるのです。
「でもみんなガマンしてるし・・・」
なんて考えるのはナシで、とにかく自分の中で否定をしないこと。これ大事です^^

今回のまとめ

    他人軸は、植えつけられた価値観を使って自分自身で扱われ方を決めている
    自己肯定感が低いひとほど他人ベースで生きてしまいがち
    自分の価値や優劣と、自分がどう生きたいかは一緒にしないで!
    自分の好きなこと・やりやいこと・やりたくないことを考えてみる

P.S
わたしはずーっと他人の目を気にして悩んでいたのですが、自分を知りたい!と思って実践していくうちに
こういう生き方をしたい自分というのを見つけることができました。

  • 朝起きたい時間に起きる
  • のんびりゆっくり自分のペースで行動する
  • 思い立った時に行きたいところへ行き、やりたい事をする
  • 毎日嫌な人間関係に左右されることなく平和に暮らしたい
  • 自由気ままに生きてやりたい事をやっているだけなのにお金に困らない生活

ほんとにめっちゃわがままです(笑)

自分が生きやすくなるためにまずは自分に聞いてみてくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
らぷ
らぷ
こんにちは! 『自由をもとめる気まぐれメタラー』らぷです^^ メンタルブロックが多いわたしだけど、生きかたや働きかたも自由がいい! 自分らしく生きることを目標に日々奮闘しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください