未分類

【自然災害時の通勤】みんな普通にやってるけど実はすごいこと・・・

Pocket

2018年6月18日
大阪北部が震源地の大きな地震がありました><

わたしはお隣の京都なのですが、かなり揺れてビックリしました。
阪神淡路大震災ほどの衝撃はなかったけど、「このクラス本気でヤバいな」と思ったくらいです。

ちょうど地震が起こったのが通勤時間ドンピシャだったんですね。
(ちなみに鉄道の被害はというとJR、京阪電車・阪急線、大阪モノレールや市営地下鉄など多岐にわたってマヒしてました)

落下した電光掲示板 参考:朝日新聞社

で、今回の件でわたしは感じたことがあって
こんな状態にもかかわらず、それでも

みんな会社に行こうとしてる

ということ
なかには家族が心配だから引き返している途中だったかたもいらっしゃるかもしれませんが
わたし含めて、行ける人は基本的に出勤してる人が多かったはず・・・
電車止まってマヒしてたり死傷者も出てるなかで・・・しかもその時も余震あったしその次の日も余震が何回もありました。
同僚も阪急で通勤していて、もろ震源地の中心にいて、結局その子は2時間近く遅れて出勤してきました。

・・・生きていくためにお金がいるし会社休むとお給料減るから会社行かなければならないけど(実際わたしもそうなので)
でも、こんな時に【会社】という選択をしてる場合ではないなと本気で思いました。

災害が起きてもそこまで被害大きくないし会社行けそうだし行こう。
普段利用しているルートが使えない時は別ルートを探してでも出勤する。

改めて考えると実はすごいことですよね・・・^^;

ちなみにわたしは何ができたかというと結局遅れてでも会社に行くことでした。無念(泣)

ABOUT ME
らぷ
らぷ
こんにちは! 『自由をもとめる気まぐれメタラー』らぷです^^ メンタルブロックが多いわたしだけど、生きかたや働きかたも自由がいい! 自分らしく生きることを目標に日々奮闘しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください