体質改善&ダイエット

ニキビを治すために気をつけたこと

Pocket

らぷ
らぷ
こんにちは、らぷです^^
らぷ
らぷ
こんにちは、らぷです^^高校生くらいから、ずっとニキビ肌で悩んでいたのですが
『化粧品の成分に気をつける』ようになってからは、ニキビを始め大きな肌トラブルに悩むことはほぼなくなりました。
化粧品の成分に気をつけるってどういうこと??を中心に、わたしが実際に参考にしているサイトもご紹介したいとおもいます。

肌のしくみ

肌は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で構造されています。
また、「表皮」の最上層には「角質」といわれるバリア層があります。

らぷ
らぷ
肌の厚さは数ミリしかないそうです。
その数ミリの中でさまざまな働きをしているのですね!

とくに表面の0.02ミリ程度の層を、『角質層』とよび、
角質層は外界の物質が侵入するのを防ぐ、バリアー的な働きがあります。

刺激や、アレルギー物質などの侵入は、この角質層によって防がれているので
角質層がボロボロの状態であれば、逆にさまざな皮膚異常を引き起こすと考えられています。

ちなみに『肌のターンオーバー』という言葉は有名かと思いますが、ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことです。
最終的に角質(アカ)となって剥がれていきます。

ニキビの原因って?

ニキビにはいろいろな原因があります。

  • スナック菓子・糖質・油分の摂りすぎ
  • 食べ過ぎ

といった食生活の乱れ

  • 睡眠不足
  • ホルモンバランスの異常

といった生理機能の乱れなどが原因となっていることが多いですね。
また、ニキビが出来る場所によっても原因が違うということも言われています。

思春期と成人してからは、ニキビができる原因は違うと言われていますが、
思春期はとくに男性ホルモンが増加する時期で、皮脂の分泌が多くなるため
『糖質や油分の摂りすぎ+皮脂の過剰分泌』といった複数の条件が重なってニキビができることもあるのですね。

成人を過ぎてからも悩んだ“吹き出物“

一般的に、思春期にできるニキビは『思春期ニキビ』
大人になってからできるニキビは『吹き出物』と呼ばれていますよね。

わたしは高校生のときは『思春期ニキビ』、大人になってからは『吹き出物』に悩まされるようになりました。
わたしの肌スペックはこんな感じです。↓

  • ニキビができやすい
  • かぶれ、痒みが出やすい
  • 毛穴や黒ずみが気になる
  • 肌調子が気候や温度にも左右される

個人的にニキビができる場所は、「思春期のときと大人になってからとでは確かに違ったな~」とは思っていたのですが、
思春期の時は主に、
大人になってからは、顎や口周り
を中心にできることが多かったです。

温度という外部刺激をモロに受けた

皮膚刺激を受けやすい肌だったのですが、一番ショックだったのは、忘れもしないあの日のこと(笑)

ニキビ治療で有名な皮膚科があると聞いて「これでニキビが治るかも!」と思い
予約して、院内で待っていたのですが
夏場でクーラーがガンガンにきいていて、寒すぎて震えていました。

なんとなく気になって、携帯の画面を鏡変わりに自分の顔を見てみると、
朝起きたときには、「あ、また小さな赤いニキビができてる」程度だったのに
わずか数時間ほどで赤くて小さなニキビからいまにも爆発しそうなくらい膿んだ大きなニキビに成長していました(笑)

3時間くらい待たされたのに、診察時間は5分程度。しかも塗り薬を渡されただけ。
お医者さんにも、いつものように患者をさばくような対応しかされなかったため、藁にもすがる思いで必死にたどり着いた思いも行き場を無くしたのと、また自分の顔が酷いニキビでおおわれることがショックでショックでたまりませんでした。
根本的な解決方法もわからぬまま、またニキビ完治の迷路に迷い込んだ感じです。

らぷ
らぷ
敏感なひとは、湿度気温気圧といった天気による影響も受けやすいですよ

あるブログがキッカケで化粧品の成分に気をつけるということを知った

皮膚科に行っても治し方がわからなかったニキビと再び格闘していました。
わたしが行ってきたスキンケアは、【ダメだった】ニキビを治すために行ったスキンケア遍歴でも書いているので割愛しますが、
ほんの数年前に出会ったあるブログがキッカケで、ニキビや、やっかいな肌トラブルがみるみる改善していくようになりました。

それが、化粧品の成分に気をつけるということだったんですね!
これはもうほんと声を大にして言いたい。

らぷ
らぷ
いまあなたが使っている化粧品の成分を気にしたことありますか!?

いままでなんとなく、パッケージだったり、肌に優しそう、なんだか凄そうな有効成分だったりというイメージで化粧品を選んでいたのですが、ニキビや敏感肌を治すには、パッケージや肌に優しそう、エキスなどの有効成分などのイメージだけではダメだと気づきました。

らぷ
らぷ
多くの女性にとってスキンケアって毎日行うものなので、人によってはメイクとともに日々のモチベーションをあげるためのものだから
自分の好きな化粧品を使えばいいと思います。

だけど、ニキビや敏感肌のせいで自分の人生を悲観してしまうほど肌トラブルで悩んでいるかたは、イメージだけで化粧品を選ぶのはほんとに危険だと身を持って体験しました。

化粧品が及ぼす影響

肌荒れやニキビ・シミ・シワなどのトラブルって、身体の中からと、外部からの原因も影響していることはご存知ですか?
外部からの影響で有名なのは紫外線ですよね。花粉やホコリなども影響しますが、じつは、化粧品からの影響もかなり強いのです。

経験ありませんか?
化粧品を変えてみたら、かぶれた、とか肌荒れしたとか。
たまたま体調が悪くて反応したケースもありますけど、

  • かゆい
  • かぶれる
  • 赤くなる
  • ニキビができる

などなど。なんらかの反応が日常的に出ているかたは、化粧品の影響を受けている可能性大なのです。

ちなみに直接顔に塗る化粧水や乳液・美容液はもちろん
じつは、クレンジング・洗顔・シャンプー・トリートメント・洗剤・柔軟剤なども肌トラブルの原因になっていることはご存知でしょうか?

直接肌に塗らなくても間接的に影響を受けていることがあるのです。

どういうことかと言うと、
クレンジング・洗顔料・シャンプーといったものは洗い流すので大丈夫なのでは?と思いがちですが、
洗浄力を気にしたことはありますか?

つまり、洗浄力が強いクレンジング、洗顔料、シャンプーといったものを日常的に使っていると、それだけ肌バリアを壊す原因になります。
肌は自分で皮脂を分泌したりだとか再生機能を持っていますが、あまりにも強すぎる洗浄力のもを使い続けていると
肌の機能がだんだん追いつかなくなるのですね^^;

らぷ
らぷ
皮膚刺激いっぱいだし
傷ついたところを修復しなきゃだし
適度な皮脂分泌もしなきゃだし

わー!!!(泣)

みたいな。

化粧品の成分やスキンケア・ヘアケアについて学べるおすすめサイト

わたしがニキビや、かぶれ・発赤といった敏感肌から脱却できたのも

『かずのすけさん』のブログがキッカケだったんですね。

現在はkazunosuke.netという公式サイトから
かずのすけさんのアメブロに飛べるように整理されているようですね。

かずのすけさんご自身も、アトピー体質をお持ちとのことで、その経験から
美容や化学教育に関する情報を発信されていて、しかも『美容化学者』の目線で、スキンケアやヘアケアなどのオリジナル商品を開発されているすごいお方なのです。
書籍やセミナーなどでも精力的に活動されています。

ブログでは、スキンケアやヘアケアに対するご自身の見解を始め、具体的にはどういった成分がよくないのか、
またドラッグストアなど市販で買える化粧品でオススメなものもご紹介して下さっているのがありがたいです!

らぷ
らぷ
なんといっても、実際に、化粧品の成分を確認して購入するクセをつけてからは明らかに肌トラブルが減ったので、

『かずのすけ』さんのブログに出会えたことは本当に良かったです

わたしもいつもお世話になっている『Cera Labo』のシリーズ♪

まとめ|化粧品の成分に気をつけるだけでも肌は変わる!

ストレスは受けやすい性格で、食生活に関しては実家暮らしなのでそこまで酷くはないのですが、
いまの肌まで立て直せたのも、洗浄力や成分といったことに気を付けるようになったことが一番大きいのではないかなと思います。

もしあなたが、ストレスや食生活には十分気を付けているのに、肌トラブルに悩まされているのであれば、
一度、いま使っている化粧品を見直してみてはいかがでしょうか?
そして見直す上でとても大事なのは、『化粧品の成分に気をつける』ということです!

かずのすけさんブログ
かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

かずのすけさん公式サイト
kazunosuke.net

ABOUT ME
らぷ
らぷ
こんにちは! 『自由をもとめる気まぐれメタラー』らぷです^^ メンタルブロックが多いわたしだけど、生きかたや働きかたも自由がいい! 自分らしく生きることを目標に日々奮闘しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください